EN | JP

カーボン・オフセット(CO2排出量の埋め合わせ)とは?

石炭やガソリン、灯油などの化石燃料を燃やすと、大気中に二酸化炭素(CO2)を排出します。人為起源の温室効果ガスの中で一番多くを占めているの はCO2です。人や物を運ぶ際に、化石燃料を使用している交通機関は全てCO2を排出しています。マイクライメイトジャパンはCO2排出量の算定を通し て、CO2排出量を可視化し、排出量削減の機会をご提供いたします。

 このプラットフォームは、飛行機の乗客に、空の旅で避けることので きないCO2排出量を埋め合わせるオプションを提供し、お客様が地球温暖化防止に貢献することを可能とします。CO2排出量は、科学的な根拠を持って算出 され、認定された気候保護プロジェクトに直接貢献します。


 カーボン・オフセットは、他の場所で実施された温室効果ガス削減事業で創出された削減量によって埋め合わせするという考え方です。これにより排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に間接的に投資することが可能です。

  本ウェブサイトでは、日本のプロジェクトとブラジルのプロジェクトの2種類からお選びいただけます。海外の地球温暖化防止プロジェクトは、主に発展途上国 で実施されていますが、その理由は、CO2排出の削減がしやすいことや、投資された金額に対して、より大規模に排出削減できることがあげられます。