EN | JP

FAQ

Q: 入力するクレジットカードのサイトのセキュリティ、安全性はどこまで考慮されていますか?

A: ご登録される情報は、Datatransによって暗号化された通信(SSL)で保護されています。また、Datatransはクレジットカード業界のセキュリティー基準であるPCI基準を満たしています。

Q: 利用できるクレジットカードの種類は?

A: VISA、MasterCardがご利用可能です。

Q: クレジットカード以外の決済方法はありますか?

A: PayPalが利用可能です。手数料は無料となっています。

Q: フライトがキャンセルとなった場合、または、旅行を取りやめた場合、カーボン・オフセットもキャンセルできますか?

A: ご参加いただいたカーボン・オフセット参加後の決済後のキャンセルはできません。十分にご確認の上、お申込ください。

Q. カーボン・オフセットの費用以外に費用はかかりますか?

 A. 基本的にはかかりませんが、日本円以外でのご購入時などにカード会社による為替手数料がかかる場合があります。

Q. クレジットカード決済の請求元の名前は何ですか?

 A. 「STIFTUNG MYCLIMATE」からのご請求となります。

Q: CO2排出量の算出根拠は何ですか?

A: 国連の関連団体である国際民間航空機関(ICAO)や気候変動に関する政府間パネル(IPCC)等が公開している航空利用によるCO2排出量の算定ガイドラインに基づき、マイクライメイト気候保護基金によって算出されています。

マイクライメイト気候保護基金のフライトにおけるCO2排出量算定ロジックの基本的な考え方は以下の通りです。また、詳細はこちらをご覧ください。(英語)

  1. 飛行距離、機体とエンジンの種類から、フライトで燃やされた燃料を計算
  2. そこから航空機全体の排出量を計算し、積荷積載量を減算、平均座席数で調整し、平均的な乗客1人あたりのCO2排出量を算出
  3. 座席クラスによる比重を調整し、各乗客のCO2排出相当量を計算

Q: 存在しない路線、現在運航していない路線のCO2排出量も計算されるのはなぜですか?

A: 上記ロジックから、存在していない路線、運航していない路線についても、空港間の距離から飛行距離を計算することでCO2排出量を算出することが可能です。

Q: 海外渡航の際、エコノミーと比べてビジネス、ファーストクラスだと排出量が大きいのはなぜですか?

A: 座席クラスごとに、座席の種類や機内での占有面積、受けられるサービス、持ち込み重量等が異なります。ICAOでは、ビジネス、ファーストクラスでは、一人あたりで換算した場合の環境負荷は、エコノミークラスの倍程度だと考えられています。

Q: 他のCO2排出量算定プログラムを使用した場合と結果が違うのはなぜですか?

A: 本サイトでは、ICAOやIPCCが公開しているCO2排出の算定ガイドラインに基づいてマイクライメイト気候保護基金が策定したロジックを採用しているため、他の算定プログラムとは結果が異なることがございます。

Q: 個人の荷物の大小は排出量に反映されないのですか?

A: クラスごとの違い(エコノミー、ビジネス、ファーストクラス)などでは違いが反映されますが、同じクラスの中では反映されません。

Q: 経由地がある場合に経由地を入れずに算定しても良いのですか?

A: 算定は可能ですが、正確なCO2排出量ではない場合がございます。

Q: 子供でも排出量は変わらないのですか?

A: 子供でも席を一つ占有する場合には、一人分としてカウントされます。

Q: 算出した排出量にはCO2以外の温室効果ガスも含まれていますか?

A: いいえ。科学的に証明できる排出量は現在のところCO2のみとされているため、他の温室効果ガスは含まれていません。

Q: JALの航空機に乗っていなくてもオフセット出来ますか?

A: 可能です。

Q: 飛行機を使用すると地球温暖化が進みますか?

A: IPCCによると、飛行機の利用は人為起源のCO2排出量の内、2%にものぼります。 しかしながら、海外への渡航やスピーディな移動に飛行機は必要不可欠でもあります。欧米では飛行機の環境負荷を少しでも軽減しようと、既に40社以上の航空会社がカーボン・オフセット航空旅行の提供に取り組むなど、カーボン・オフセットが当たり前の企業活動の一環になってきています。

Q. 熊本県とブラジルのプロジェクトを選択した場合では、金額に大きな差が出るのはなぜですか?

A. 認証制度やプロジェクトの種類、プロジェクトの規模の違いによるためです。
日本国内における間伐等の森林保全プロジェクトより、広大な土地で行われる発展途上国でのプロジェクトの方が安価となることが多く、JALグループが提供する地球温暖化防止プロジェクトにおいてもブラジルのプロジェクトは熊本県のプロジェクトよりもお求め安い価格となっております。

Q: 払ったお金は本当にCO2排出削減に使われるのですか?

A: 確実にCO2排出削減に使われます。本サイトでは、環境省のオフセット・プロバイダープログラムに参加しているマイクライメイトジャパン株式会社が排出権を購入および無効化しています。

Q: オフセットでマイレージは溜まるのでしょうか?

A: マイレージとの連動は現在行っておりません。

Q: オフセットしたものはJALグループの削減量になるのですか?

A: JALグループの削減量にはなりません。費用をご負担されたお客様の削減分となります。

Q: 領収書は発行されますか?

A: 領収書は支払完了後、証明書と一緒に自動的に発行され、お客さまが参加時に登録されたメールアドレスに送付されます。
メールは、info@myclimate.org
から送信されますので、迷惑メールの設定をしている場合は @myclimate.org の受信許可をお願いいたします。

Q: 証明書は何に使えますか?

A: お客様がカーボン・オフセットを適切に実施したことを証明するものです。企業様であれば、地球温暖化対策に係る報告書やCSRの一環としてご活用頂けます。

Q: 証明書は電子データのみですか?

A: 紙を発行し、お客様に郵送する過程でCO2が排出されてしまうので、電子データの発行のみで対応させていただいております。

Q: 団体で使用したいのですが団体向けに証明書を発行できますか?

A: 団体向けに証明書を発行することも可能です。お名前の欄に団体名をご入力ください。

Q: 実施するオフセットは全量でなくても(50%等)でも良いですか?

A: お客様のCO2排出を全て埋め合わせたとは言えませんが、カーボン・オフセットは自主的な取り組みですので、任意の量にてご協力をお願いいたします。なお、寄付金額を変更する場合は、お客さまが先に選んだプロジェクトにかかわらず、熊本県のプロジェクトへの寄付となります。

Q: JALグループはどのようなCO2削減に取り組んでいるのですか?

A: JALグループも様々なCO2削減策に取り組んでおります。詳細につきましてはこちらをご覧下さい。(外部ページ)

Q: マイクライメイトジャパンって?

A: 100年後の子供たちに「ありがとう!!」と言われる会社になることをビジョンとしているオフセット・プロバイダーです。2008年よりカーボン・オフセット事業を運営してきた株式会社エコノスとスイスのマイクライメイト気候保護基金の共同出資により、2011年11月11日に設立されました。マイクライメイトが持つ国際的なカーボン・オフセットの知見を活用し、国内外におけるカーボン・オフセット事業及び気候変動対策・環境保全に係る事業全般を展開します。詳しくはこちらをご覧下さい。

Q: カーボン・オフセットとは何ですか?

A: カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動におけるCO2等の温室効果ガスの排出のうち、自分ではどうしても削減できない分を、他の場所で実施された温室効果ガス削減事業で創出された削減量(=クレジット)によって“埋め合わせ”(=オフセット)するという考え方です。これにより排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に間接的に投資することができます。(参考: 環境省カーボン・オフセット フォーラム(J-COF)

Q: オフセットをして何かいいことがあるのでしょうか?

A: お客様がカーボン・オフセットを実施することで、地球温暖化の防止に貢献することができます。地球温暖化は地球に住む全ての人が向き合うべき環境問題として、世界的に認知されています

Q: どこでCO2が減っているのですか?

A: お客様にご選択頂いたプロジェクトの実施国・地域で、CO2が削減されています。現在当サイトでお選びいただけるプロジェクトは日本・熊本県(J-クレジット)ブラジル・アマゾン(Gold Standard CER)となっております。